お問い合わせ

SWELLが遅い!サイトが激重になった原因と解消方法

  • URLをコピーしました!

SWELLは初期状態で十分高速なテーマです。

しかし、SWELLは万能ではありません。

特定の条件になるとSWELLが激烈遅くなります。

SWELLに問題があるというよりも、通常のWordpressテーマを使っていると遅くなる使い方があります。

WordPressサイトが遅くなる原因はほぼ決まっていて、それらのボトルネックを取り除くことでサイトが高速に表示されるようになります。

この記事を書いた人

Wordpressのカスタマイズ歴10年のプロです。無料から有料までWordpressテーマの使用経験は豊富で、テーマのカスタマイズに関する知見も深い。Webサイト制作からカスタマイズまで仕事を請け負った実績は多数あり。

目次

タームを大量に登録している

カスタムタクソノミーを使って、タームを大量に登録するということは通常ブログサイトではあまりないかもしれません。

しかし、タームというのは分類するためのものですから、本来そのように使うものです。

タームを登録するだけなら問題ないのですが、タームの一覧を取得する時にタームの数が多いと急激に遅くなります。

タームの一覧をキャッシュしたり、サイドバーやヘッダーのHTMLをキャッシュすればクエリの時間は無視できます。

カテゴリウィジェットをカスタムタクソノミーに対応させるカスタマイズがあります。

そのカスタマイズを使って、タームの一覧をウィジェットで表示すると、サイトの描画が急激に遅くなります。

また、グローバルナビなどにメガメニューでタームを登録すると、同じようにサイトの描画が遅くなります。

おそらく、HTMLが大きくなりすぎるためのCSSのレンダリングの問題だと思います。

スクロールした時にページの一部がチラついたり、画像が消えたり、表示されない部分が出てくる場合、レンダリングが間に合っていない状態が考えられます。

レンダリングというのはユーザー側の問題になりますのでjavascriptと同じように負荷が重いとユーザーサイドで影響が出ます。

HTMLが大きくなりすぎると、PCでさえ処理能力の限界を超えてしまうということです。

解決するには?

タームの一覧をウィジェットやメニューで表示させないことです。

ほぼすべてのページで毎回読み込まれますので、ページのHTMLが急激に肥大化します。

サイトの表示を軽くするにはページのHTMLをなるべく小さくするのがコツです。

タームのクエリをキャッシュで無くしても、リストタグで数千のタームがあるだけで、HTMLが大きくなりすぎてSWELL本来の軽さはなくなります。

ウィジェットやグローバルメニューで巨大なリストになるタームの一覧を表示させるのは止めましょう。

タームの一覧を固定ページで用意して、そこへのリンクを張るようにすると、HTMLが軽くなります。

あまりにもHTMLサイズが大きいとPage Speed Insightで警告が出ますし、アクセシビリティが逆に下がってしまうので、SEO的にいいことはありません。

まとめ

SWELLが遅いと感じたら、メニューやウィジェット部分のHTMLが大きくなっていないか確認した方がよいです。

HTMLが大きいとサイト全体がモッサリしてきます。

Query monitorなどを使って、クエリを削減しても、HTML自体が巨大だと別の問題を引き起こします。

昔は軽快に動いていたサイトが最近遅くなってきたという場合には、HTMLサイズが巨大になっていないか確認しましょう。

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

目次