ArkheはSWELLの劣化版なのか?

ArkheはSWELLと同じ作者のテーマです。

Arkheは、サイト制作のベーステーマという位置づけですので、テーマに余計な機能はついていません。

また、ArkheはWordpress公式テーマとしても配布されています。

Lightningと同じような戦略ですね。無料テーマで利用者を増やしていき、有料サブスクリプションに誘導していくビジネスモデルのように感じます。

WordPress公式の無料版テーマには有料テーマがあるものが多いですが、それと同じようなテーマだと考えればよいでしょう。

無料テーマで人気が出るには多機能であることが大前提です。

無料版のArkheは多機能テーマか?

無料版のArkheは一般人には向いてないテーマだと言えます。

なぜならデザインが全く当たってないからです。

テーマを有効化しても真っ白なサイトになるだけです。

機能的には無料テーマとしては大夫サービスされている感じはしますが、この見た目はかなりのストロングスタイルだと思います。

ArkheはどこまでSWELLに近づけるのか?

Arkheは、有料のプラグインを購入することでSWELLと同じような機能が追加されます。

有料プラグインにはArkhe blocks proとArkhe toolkitがあります。

しかし、有料プラグインを購入しても、SWELLと同じような見た目や機能にはならないようです。

正直期待外れでした。

Arkheの対抗馬はSnowMonkey

SWELLはブロガー用で、arkheはサイト制作用だとするとArkheの対抗テーマはSnowMonkeyのはずです。

確かに、ArkheにはSnow Monkeyを意識した機能が盛り込まれています。

Arkheブロックをプラグインで切り離したり、追加機能をプラグインで提供したりというのもSnowMonkeyやLightning Proと同じ形式です。

Arkheの現在の実力は?

Arkheの現在の実力は、Snow Monkeyの劣化版のような感じに見えます。

Snow Monkeyの最大の欠点はブログ記事が書きにくいことです。

それを理由に、Snow MonkeyからSWELLに乗り換える人は多いです。

それを差し引いても、Arkheはデザインが全く当たってない、専用ウィジェットが無い、Arkhe block proがSWELLの劣化版ということで、イマイチ期待したものではありません。

Arkheは何を目指したのか?

Snow monkeyの良さとSWELLの良さのイイとこどりを目指したのだと思います。

Arkheに有料プラグインを追加してもSWELLのようにはならないので、これだとSnow monkeyからArkheに乗り換える人は少ないと思います。

Arkheを使うよりも必要に応じてSWELLをカスタマイズする方が幸せになれるような気がします。

関連記事