お問い合わせ

Arkheはカスタマイズしやすいテーマ?それは勘違いです

  • URLをコピーしました!

Arkheはベーステーマだと言われています。

Arkheはフックの仕込みが甘いので、実際のところはテンプレートを書き換えないとまともにカスタマイズできないのが現実です。

幸い、テンプレートの書き換え用のフックが用意されていますが、フックで書き換えても子テーマで書き換えても手間はそれほど変わりません。

SWELLやSnowMonkeyなどのブロックエディタ完全対応を謳うテーマでは、Wordpressコアのバージョンアップによりブロックエディタの仕様変更が入ると、テーマのバージョンアップで大幅な変更が入ることがあります。

このようなテーマの場合、テンプレートを書き換えるカスタマイズはデザインが崩れたりする原因となります。

テーマが吐きだしているHTML構造やCSSの名前がテーマのバージョンアップで変わってしまったというのが原因です。

じゃぁ、書き換えない方がいいよねと考える人と、それでも書き換えたいと考える人に分かれると思います。

SWELLやArkheはこの部分を拡張したいと思った時に、テーマファイルを見ても、フックの数が少なくてカスタマイズできない部分が目立ちます。

その点、Cocoonはよく考えられたテーマで、ユーザーが変更したそうな部分にはフックが仕込んであります。

Snow Monkeyはテーマ作者が優秀すぎるので、あらゆる部分がカスタマイズできるようになっています。

この辺りはテーマ作者が無料テーマやプラグインのサポートを真摯に行った経験があるかの違いだと思います。

無料テーマやプラグインでは好き勝手な要望がガンガン来ます。わいひら氏やキタジマ氏は、そういう要望が来てもユーザーが対応できるような懐の深い開発を行っています。

Snow Monkeyのエディタ部分がSWELLのようなブログ対応してくれれば、何も言うことは無いのですが、現実はそうではありません。

でも、ArkheやSWELLの機能をカスタマイズするというのは、ArkheやSWELLの機能を拡張したいのに、ユーザーに開放していません。

結局は別のコードを書いてショートコードなどで呼び出すぐらいしかできないので、テーマを使っている意味があまりない状態になっています。

ブロックエディタのブロックが、HTMLを吐きだす機械でCSSだけ弄ればサイトが早くできるという風潮があります。

しかし、テーマはカスタマイザーや設定画面以外で機能変更できる懐の深さが無いと、いずれ金太郎あめのように同じサイトばかりになり、ユーザーのテーマ離れが進んでいくと思います。

Xserver傘下に入った、CocoonがSWELLのようなブロックエディタ対応を本気で行い始めたら、SWELLのユーザーはCocoonに流れる可能性は高いでしょう。

でも、XserverにXWRITEがある以上はCocoonを積極的に開発することは無いと思います。

そうなると、本命はXWRITEになるのかな。

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

目次